検索天気翻訳地図路線運勢辞書


2006年のカレンダーを作る

« (1月) その2 フライング・お雑煮 | 2006年のカレンダーを作るトップ | (1月) その4 いよいよ食べるよ白味噌餡雑煮 »

(1月) その3 香川のお雑煮に迫る

at 2005.12.28 Wed 14:00

一杯目のお雑煮を食べて小腹を満たしたところで2杯目はいよいよ、あんこ餅が入るという香川の白味噌仕立てのお雑煮にせまっていきましょう。

この更新、香川の方でこのお雑煮に慣れ親しんだ方にとっては歯がゆいかと思いますがどうかご了承ください。なにしろ、私たちには衝撃の雑煮なんですよ!

さて、まったく残念ながら香川とは何の縁のない私です。よそものがどうやって香川の家庭の味に切り込むか。ネットや本などでレシピを調べつつ、香川出身の方に聞きとりを行ってその片鱗をつかんでいきました。

あんこ餅はさておき、まずは汁部分から。どうも、いりこでだしを取り、白味噌で仕立てるというのがスタンダードな模様。ただ、「最近はカツオでとるところも多いみたいですよ」との声も。

12
とりあえず、今回はいりこで……と思ったら
いりこが売っておらずごまめで代用早速出汁とり中

そして具。基本は白菜、大根! と声高に言う方がいれば、大根とニンジンをイチョウにして入れるという方までさまざま。このへんのそれぞれっぷりはお雑煮ならという感じです。今回は大根と、お正月前だけスーパーなんかでも見かける金時人参をチョイス。

味付けに関しては口をそろえて白味噌とのこと。私にとっての白味噌は、かしわ餅のピンクの方に白餡として入っているイメージです。甘味と近い存在なのかもしれませんな。

11
ここまで揃えば、あとは例のやつです!

そして、今回のキモ、あんこ餅(もしくはあん餅)、ですよ。
実は私、“あんこ餅”といわれて最初ピンときませんでした。

「それって、大福のこと?」と思ったのたらこれが違うようで、大福は餅(皮?)部分に味がついて、もち米以外のものが入っているのに対し、あんこ餅の皮はもち米100%のいわゆる普通の“餅”らしい。

大きさは家庭ごとにまちまちのようで(売っているものもあるとのこと)、大福よりもあんこは少な目との情報。普通のお餅のように陰干しで乾燥させておくのだとか。

で、買ってきたのが1回目の更新でお披露目した餅。

02
近所のだんご屋でまさに“あん餅”って売ってた

大福と同量程度のあんこが入っており、さらに乾燥させず生の状態ではあるものの“あん餅”として売っていました。まさか身近にあるとは、と喜び勇んで即購入。これで準備は万端です!

が、この“あんこ餅”が思わぬ事態を引き起こすとはこのとき古賀は気づいていなかったのでした……!

ふふふ。なんかこんな更新の仕方するの初めてなので無駄に引っ張ってます。すいません、次からはスルスル気持ちよく更新します。

では、次は15時ごろお目にかかります。