« 新馬場の駅が長すぎる | トップページ | 階段の段数を数える »

どこから僕か?

僕について考えたきっかけ

ものもらいになってしまった(正確にはものもらいよりもたちの悪いサンリュウシュという病気)。

まぶたの一部を切開したので生まれて初めて眼帯をした。眼帯というか、ガーゼがべったりとテープで固定してある。面白いかと思ってガーゼの上に目を(印刷した紙を)貼ってみた。

20080112_008

微妙に違和感があるが僕である。僕に僕の目を貼っているのだからそれはやっぱり僕である。では僕でないものに僕のパーツを貼ったら僕だろうか?

僕はなにを言っているのか? 具体的にはこういうことである。

20080112_005

ちょっと遠くてよく分からないか。近寄ってみよう。

20080112_006
「ここだよ。ここ」

電柱に僕のパーツを貼ってみたのだ。これは僕だろうか。電柱に忍び込んでいる僕、であるような気もするが電柱である気もする。貼り方が下手なんじゃないかという気もする。


無機物が僕になる瞬間

20080112_009

目だけにしてみた。見たことがある下がり眉だがちょっと僕とは言いにくい。にわかせんぺいみたいだ。うん、これは僕ではない。ならばこれではどうか。

20080112_011
「みてますよー」

ああ、この顔は見たことがある。僕だ。ハロー、イッツミー。

僕になる境界がわかった

目と鼻と口があれば僕だ。なんでも僕にしてやろうじゃないか。

20080112_012
はとに矢印さされる僕

20080112_014
木になった僕

20080112_015
むかしはこのビルで働いていたんだ

20080112_016
「林さん、どうしたんですかそんなところで」
同僚に間違われる壁(


実はそうでもないと思っていた

外でいろんなものに僕のパーツを貼ってみて、うーん、僕っぽいけどそうでもない気がする…と思っていた。しかし会社の壁を僕化(僕のパーツを貼ること)したところ、

「似てる!」「あ、林くんだ」「たしかに林だ」

と同僚から上司まで全肯定であった。そうか、僕はこんな顔をしているのか、とあらためて認識を新たにした次第である。外のものを自分にすることで内なる自分が見えてきた。身近な疑問を探ることは自らの源流を辿る旅。コネタ道場へのご応募、お待ちしております。

20080112_017
右が本物です

 



|